自遊人 思いを書き綴る

枠にはまって生きるより自由に発信する生き方がいいね

『清和会に対立した経世会の末路』「在日帰化人の芸能人の皆様」

山口二郎法大教授、東京新聞「本音のコラム」

f:id:piaworld:20180819151932j:plain

 

 

Nスペ「ノモンハン」で衝撃だったのは、無謀な作戦で2万人が戦死した責任を軍幹部が誰も取ろうとしなかったこと。現場に転嫁し「すでに靖国に祀ることになって」と説得して自決させたことも。戦後も幹部たちは、自決させた軍人の遺族の真実を知りたがる声にも惚ける。責任を取らない。今の政治と同じ。

 

f:id:piaworld:20180819153041j:plain

f:id:piaworld:20180819153055j:plain

 

f:id:piaworld:20180819153108j:plain

 

え? 宴会は? 「、、私は法相就任中、13人の死刑囚の死刑執行命令を下したが、いずれも大臣室に一人でこもり膨大な資料を読み慎重に判断を下していた。執行前日には必ず自分の先祖の墓を参った。初の死刑執行以後、現在まで毎朝、自宅でお経を唱えている。それだけ法相の責任は重いと感じている」

f:id:piaworld:20180819153251j:plain

 

 

北朝鮮・労働新聞が日本を糾弾。

〈日本の性奴隷犯罪は、その直接的産物として世界最大の拉致国の正体を告発している〉

〈日本の拉致、強制連行蛮行は、特大犯罪…〉

日本のマスコミはどうして積極的に報道しないのか。安倍首相の逆鱗に触れるのが怖いのか。

-日刊ゲンダイ

金正恩朝鮮労働党委員長の安倍首相に対する不信は根深い、

金正恩のアベ嫌いは筋金入りだ。朝鮮半島情勢に詳しい国際ジャーナリストの太刀川正樹氏は言う。

北朝鮮国難と呼んで事あるごとに政権浮揚に利用してきた。誰よりも安倍首相の失墜を望んでいます」

f:id:piaworld:20180819153401j:plain

t.co

 

いかに日本の政府がうそをつくか、自国の国民を見捨てているか、その冷酷さがわかったでしょう。アホぼん三世の詐欺政治のやり口は、基準を変えて、「福島の放射能汚染は安全です。日本は好景気です」といっているにすぎないのです。それが外国には知られてきました。

 

やっとデマのソースを思い出した小澤隆。なんと青山繁晴だった。各メディアは青山繁晴にも話を聞こう。

f:id:piaworld:20180819154523j:plain

 

 「在日帰化人の芸能人の皆様」 アメリカンマフィアの手先の代償としてスターになれた。 日本人に似ているからなれたのです。 露見する前に本当のスターになってください。

f:id:piaworld:20180819154554j:plain

竹中平蔵

f:id:piaworld:20180819162841j:plain

 

 

安倍晋三は国会で全電源喪失は有り得ないと答弁して、その後の東京電力による津波対策をサボる根拠を与えました。

 

地震津波は天災。

 

津波による原発事故は安倍晋三による人災でしたね。

 

良く覚えておきましょうね。

 

f:id:piaworld:20180819163449j:plain

 

『清和会に対立した経世会の末路』

 

経世会

 

竹下登  失脚

 

金丸信  逮捕

 

中村喜四郎 逮捕
  

小渕恵三 急死

 

鈴木宗男 逮捕

 

橋本龍太郎 献金事件

 

小沢一郎 献金事件

 

二階俊博 献金事件

 

『対米従属派である清和会 』

 

岸信介

 

福田赳夫

 

安倍晋太郎

 

森 喜朗

 

三塚博

 

塩川正十郎

 
 

 

無条件降伏させたアメリカは日本を本当に解放したのか?

 

 

 

政治家や芸能人が在日帰化人ばかりの理由は画像の通り

f:id:piaworld:20180819164017j:plain

 

 

滋賀・甲賀選挙不正 岩永市長が「ミスを報告しにくい組織風土だった」と謝罪しましたが、 それは全国共通です。 対岸の火事ではありません。

 

f:id:piaworld:20180819164200j:plain

 

 

日本国民は2011年3月以降「原発がメルトダウンした国土において国民の寿命は何年縮むか」「記者クラ豚マスゴミメディアの情報統制によって国民は何年騙せるか」の実験モルモットにされている😠。それを認めるのが嫌で怖い奴等が にすがり、やがてネトウヨ化するのさ。

 

 

 

f:id:piaworld:20180819164326j:plain

 

f:id:piaworld:20180819164310j:plain

 

少し前に、北海道新聞にて『フェイクと憎悪』『愛国奴』の書評を書きました。

 

https://pbs.twimg.com/media/Dk41NigUYAAAuAk.jpg