自遊人 思いを書き綴る

枠にはまって生きるより自由に発信する生き方がいいね

本紙スクープ安倍重大疑惑の小山氏警戒でーー厳重警備だった安倍首相の山口県訪問

【平成最後の戦没者追悼式】

天皇陛下は「深い反省」に言及。

安倍総理は歴代首相の慣習に習わず「深い反省」には触れず。

安倍信者たちの声 「反省って誰が誰にするんだ」 「無責任に反省すんな」

以下とても書けない雑言多数

これが反省や謝罪を一切しない

 

安倍一味の異常体質。

 

 

戦争初期「空襲は怖くない」  

   ↓「簡単に消火できる」

 

戦争末期「命がけで消火しろ!」  

   ↓「逃げるのは非国民だ!」

   ↓「原子爆弾の火も消せ!」

 

↓戦 後  「戦争で死ぬのは自己責任だ」

  「政府が補償する必要はない」

 

ひどすぎる・・・。

 

t.co

 

 

安倍晋三ポツダム宣言というのは、米国が原子爆弾を二発も落として日本に大変な惨状を与えた後、「どうだ」とばかり(に)たたきつけたものだ」 ↓ ポツダム宣言は7月26日。原爆投下はその後。 そろそろ、いい加減にしたほうが。。。

 

そういう事も知らないで安倍の話を聞いている国民はどうか?もっと嘘か真か聞き分けられたらこんな安倍に政権は取られないよ!

 

f:id:piaworld:20180816074138j:plain

 

これ、事情を知らない人(というより今の日本の主流たる歴史認識)からすると一見正論に思えるのかもしれないが、実はもっとも不誠実な主張だからね。「日本だけの問題ではないのダー」という。その主張自体もさりながら、まず当事者がそれを言うのか、という問題。↓

橋下徹 

 

1、慰安婦問題は日本の特殊な問題ではなく、韓国

 

  軍を含め世界各国の軍共通の問題である

 

  この確認 

 

2、日本軍韓国軍、その他世界各国の軍が

  

  戦争時何をやっていたのかの事実検証・公表 

 

3、世界各国の反省・決意。特に慰安婦像の

  

  碑文の主語を旧日本軍から世界各国の軍に

  

  変更。その上で日本の各所に設置

 

 

f:id:piaworld:20180816075856j:plain

 

特攻兵に強制された「自殺」を「国を思う純粋な心」などとすり替えを行う行為こそは「歴史修正主義」であり、死者の心を踏みつけにする「犯罪的」行為なのです。 本音言えば「半殺しに遭う」 特攻隊志願、事実上の強制(神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース

 

 

t.co

 

 

安倍晋三@笹川陽平日本財団会長の別荘now

 

本日に相応しい?豪華メンツで会食、とか

 

森喜朗2020元首相

 

小泉純一郎

 

・元首相 麻生太郎

 

萩生田光一BBQ

 

・幹事長代行 西村康稔

 

官房副長官 加藤勝信

 

厚労相 茂木敏充

 

核兵器禁止条約参加しないと決断した・岸田文雄

 

 日枝久、よっ、フジテレビ相談役も

f:id:piaworld:20180816080502j:plain

 

 

https://pbs.twimg.com/media/DkkJ0KhWsAYafpM.jpg

f:id:piaworld:20180816080718j:plain

f:id:piaworld:20180816080732j:plain

f:id:piaworld:20180816080818j:plain

 

NHKスペシャル「ノモハン 責任なき戦い」を観てふと思ったが、部下に責任を押し付け逃げ回る当時の軍上層部と、安倍晋三率いる893部隊「内閣」と体質がそっくりであると感じた。こんな輩らが憲法改正をほざくなど言語道断!ましてや時の最高権力者が口に出すのはご法度で、明らかな憲法違反である。

 

NHKSP「ノモンハン」2万人の死、帝国陸軍の嘘や自己保身に驚かされる。これがネトウヨや自民右派の賛美する旧憲法の卑怯な「美しい日本」の実態だ。そこには人権はおろか、軍隊として最も必要な合理性は全くない。嘘と隠蔽と忖度の手法は、今の政治に似ている。現在の政治を許してはならない。

 

Nスペ『ノモンハン責任なき戦い』上司の覚えめでたい参謀は、いくら若かろうが滅茶苦茶しようが、許し守ってもらえる縁故主義。その失敗の責任は、本来責任を負うべき者から「自決の圧力」を押し付けられた現場責任者が負い、真相は藪の中。今もこの国では、真の責任者は絶対に責任を負うことはない。

 

f:id:piaworld:20180816080856j:plain

 

 

対米従属派である清和会の政治家と違い、国益を重視して米国と一線を画して近隣アジア諸国と連携しようとした経世会の政治家は、失脚か殺害の末路を迎えている。中川氏の父親中川一郎氏もロシアからの原油輸入を画策し、入浴中絞殺される。

 

f:id:piaworld:20180816081103j:plain

 

上野駅、1946年

 

f:id:piaworld:20180816081327j:plain

 

t.co