読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自遊人 思いを書き綴る

枠にはまって生きるより自由に発信する生き方がいいね

知らないと損をしている一般人

先日、ある弁護士のサイトで交通事故の損害賠償の金額の話が載っていた。
事故内容:
自転車で普通に車道左端を走っていたら、いきなり左折してきた車に巻き込まれたのだ。当然ながら派手に転倒し、身体は路上に投げ出された。
去年の3月1日に事故をし、6月28日まで病院に通っていた。意外と長い
7月下旬頃には自然に治ったとの事。
当時、裁判基準で私が取れるはずの損害賠償額を算定してみたら、既に支払われている治療費を除いて70万円強になることがわかった。
そうしたら今年の2月13日になって、保険会社から賠償額の提示が届いた。
約16万円をくださるとの内容。私が弁護士だと知っていてこの提示だから笑える。
早期解決のメリットを考慮しても60万円は譲れないこと、60万円を少しでも下回るなら訴訟をすることを通知した。
2往復くらいやり取りがあって、結局先方が折れ、ぴったり60万円が支払われた。
しかし世の中の交通事故は、法律家が関与しないまま、被害者の無知に乗じて、
当初提示の16万円みたいな不当な金額で示談に至るケースの方が圧倒的に多いわけであろう。
訴訟をすれば70万円取れると知っているのに16万円で妥協する人は普通いない。
訴訟をすれば70万円取れると知っている相手にあくまで16万円でゴリ押そうとしてくる人も普通いない。
弁護士が素人と最も違うのは、法的紛争の行く末を予測できるという点だろう。
交通事故に限らず、これが法的紛争のプロである弁護士の強みだ。

とまぁ弁護士さんの言い分だが しかし確かに当たっている部分もある。
知らないと損をしている人、言い換えれば企業にいいように利用されている人
これが世間というもの。綺麗事で美辞麗句を並べ立てている保険会社のCMの裏では
お客を食物にしている事が多いのです。むやみにCMを信じないで勉強しないと・・

f:id:piaworld:20170128175748j:plain