自遊人 思いを書き綴る

枠にはまって生きるより自由に発信する生き方がいいね

貧困は固定化している

生活保護申請で「すみません」と頭を下げ続ける24歳




http://mainichi.jp/premier/business/articles/20160711/biz/00m/010/002000c?fm=mnm



【若者の貧困を放置したらいずれ日本は大混乱】

【「ブラックバイトと奨学金」生存をかける学生たち】

【ふつうの会社員がある日介護で「下流」に転落する】

【離婚、認知症、孤立……銀行員を襲った老後の貧困】

【「貧困」を放置すると社会の負担はさらに増える】

【30代共働き部下を「使えない」と責めるバブル上司の罪】


藤田孝典
NPO法人ほっとプラス代表理事

1982年生まれ。NPO法人ほっとプラス代表理事、聖学院大学人間福祉学部客員准教授、

反貧困ネットワーク玉代表。厚生労働省社会保障審議会特別部会委員。

ソーシャルワーカーとして現場で生活困窮者支援をしながら、生活保護や貧困問題への対策を積極的に提言している。

著書に「下流老人 一億総老後崩壊の衝撃」「ひとりも殺させない」「貧困世代 社会の監獄に閉じ込められた若者たち」など。



f:id:piaworld:20160528054744j:plain