読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自遊人 思いを書き綴る

枠にはまって生きるより自由に発信する生き方がいいね

もっと知的レベルを上げようよ!国民の皆さん

京都新聞に「天眼」という日曜日の一面に掲載されるコラムに、
最近安倍さんの資質やアベノミクスを明確に批判する文が寄せられています。

一月ほど前と今週掲載の浜矩子同志社大学教授の指摘や、
先月末の佐和隆光元京大教授の指摘は実に痛快というか、
日本のインテリの健康的で的を得た指摘に感動しました。

しかし残念ながら、インテリ層の見識が一般社会人の見識と大きな隔たりあるのが日本の現実です。
浜教授は落語の「素人鰻」を例にあげながら、安倍政権の失政を批判し、暗に退陣を求め、
佐和氏は、ノーベル経済学賞受賞のスティグリッツアベノミクス徹底批判を紹介しながら、
これまた安倍政権の失政をこっぴどくこき下ろしているようです。

日本にはインテリと庶民の間に大きな知的格差があるかもしれません。
今なお安倍政権の支持率が50パーセント以上あるのは、皮肉なことに、その証拠かもしれません。

僕自身、この格差に甘んじることがないように、もっともっと勉強して、
知的レベルをあげなければなりませんね。

ただ幸い知識というのは本や講義だけではなく、体でも身につくものです。
フィリピンの貧困者の生活実態、いや、すぐ近所の近所のお年寄りの暮らしの実態、
そういったものを自分の目で見て、時には少しでも援助の手を差し伸べ、
格差社会に取り残された人々の笑顔に接する機会が多ければ多いほど、
僕自身が今の社会の大きな問題点、アベノミクスの大きな誤りに気づくことができ、
知的な識者のアベノミクス批判の論拠のようなもを見出し、
自分もまたいささかでも知的になれるような気がして嬉しくなります。


f:id:piaworld:20160606055152j:plain