自遊人 思いを書き綴る

枠にはまって生きるより自由に発信する生き方がいいね

安保法制成立に関して

f:id:piaworld:20140714105644j:plain
どうやら成立したが運用するまでの問題点が浮き彫りになりそうだ。

と言うのもまだハッキリとどのような運用方法でやるかは未定だ。

やはり時期尚早と言うか?勇み足だった感はある。

さて、今回は検証していきたいと思う。まず何故、集団的自衛権にこだわるのか?

個別的自衛権ではいけないのか?ということだが・一説には安倍総理はアメリカへの手土産で

自衛隊の派兵を約束した経緯がある。自分の顔に泥を塗る訳にはいかないということだろう。

それと改憲をして成立させるというスケジュールではなく拡大解釈で成立させた経緯であるが

これはただ単に早急に成立させなければアメリカへの約束違反になるということだ。

では、この法案のメリット&デメリットは何か?

アメリカとの連携で日本への攻撃の抑止力になる。と世界の警察的な役割で輝く日本に変わるということ。

さて、ここで正義の味方アメリカへの忠誠心は本当に攻撃の抑止力になるのか?あとはメリットになる事が

わからない。誰か知っている人がいるなら書き足して欲しいが・・

デメリットはどうか?まずは自衛隊員の生命が脅かされること。これは間違いなく起きうる

そして 反アメリカ国からの攻撃及びテロの対象になること。海外で活躍しているNPO NGO などの

活動に少なからず影響をおよぼすことになる。ざっと思いつくことを列挙したがこれ以外にも

いろんな影響が懸念される。憲法9条の精神にはいかなる紛争も武力を用いて解決をしないという

前提があるが今回で武力による解決に踏み込んだ。これで本当の敵国を作り上げたのである。

賛成派のコメントには多くが攻撃された時の架空の事柄を想定して個別的自衛権で対応できないと

口を揃えて言っているが戦争になればアメリカは自国の守衛に専念するだろう。

結局は、日本は単独で守衛しなければならないことになるだろう。

と言うことは個別的自衛権の範囲内で守らざるをえないということになる。

ここで一説 かなり強引な自論ではあるが

ならば安保を破棄して憲法9条戦争放棄)を世界に訴えアメリカへの軍事協力費の支出を減らしてその分を防衛費に当て

自国の軍事力を高めて個別的自衛権を行使する選択肢があってもいいのではないか?

PS:経済界も武器輸出を認めて欲しいというなら日本国のために頑張ればいいのではないか?

何はともあれ国民のコンセンサスを得なければ政府は独裁化していく。