自遊人 思いを書き綴る

枠にはまって生きるより自由に発信する生き方がいいね

久しぶ入り

長い間、書かなかったけど久しぶりにブログ更新します。

いろいろと世間が騒いでいる中 自宅の改装をしていましたというよりしています。

BTW 安保法案成立の記事を読んで 各 有識者や有名人 学者や評論家 コメンテーター・マスコミなどの

コメントが掲載されていますが つまりは戦争をしない法律 と 戦争ができる法律の 解釈に分かれている。

さて、今までの経緯を見るとどちらの解釈が正しいのかは歴史が教えてくれるだろうがここでは成否は判断できない。

ただハッキリしているのは戦争は相手国があってのこと。戦争をしない法律なんてことはありえないんじゃないか?と

この疑問が湧いてくる。抑止力とよく言われるが抑止力とはやられたら倍返しだと公言するのと同じだということである。

人間の本質を考えて尚、国民性や常識的な民意度など 日本の常識が世界の非常識では意味が無い。

そして、他国から攻撃をされたらどうやって自国民を自衛隊を守るのかという疑問も湧いてくる。

この問題もよく言われているが解決策はないに等しいと思う。個別的自衛権集団的自衛権が複雑に絡む

事象なのでここも検証が大事だと思うが時期尚早との意見には賛成できる。政府・内閣・は

出来レースのごとく事を運んでいるように思える。

ここはよく理解したうえで協議・議論する必要があるのではないか?

この問題 立ち位置によって大きく左右される。